家具の博物館

家具の博物館観光
家具の博物館

博物館や美術館が少ない昭島市ですが、一風変わった家具の博物館があるのをご存じですか?

家具の博物館は、昭島市中神町にあるフランスベッド東京工場敷地内に設けられた博物館です。

概要

フランスベッド株式会社の創業者である池田実氏が発起し、フランスベッドグループ各社の協力により、昭和47年に家具の博物館が開設されました。当初は東京都中央区晴海にありましたが、平成16年に昭島市へ移転してきました。

家具の博物館の概要
最寄駅JR中神駅
住所東京都昭島市中神町1148
営業時間午前10時~午後4時30分
休館日水曜日
入館料200円(高校生以下無料)

「家具」という言葉ができたのは近代のことで、それまであったのは調度品の類でした。調度品は実用性よりも装飾が重視されていました。高度経済成長期の折、調度品が残されていく一方で庶民の使う家具が捨てられていくことに危機感を抱いたのが、この博物館の原点になったそうです。

館内には江戸時代から明治・大正時代の和家具や、17世紀から19世紀の西洋アンティーク家具、タイやカンボジアの椅子など、1,700点余りの資料が展示されています。中には大正天皇が皇太子時代に使っておられたドレッサーなど、たいへん貴重な物もあります。

江戸時代の両替商の看板や帳場机など、時代劇好きにはお馴染みのアイテムが見られるのが興味深いです。面白いのは車輪付きの櫃で、家財道具などを入れておき、火事のときには動かして持ち出せるようになっています。しかし皮肉なことに、実際に火事がおきたときに大勢の人が櫃を持ち出して渋滞になり、罹災者が逃げ遅れる原因になったそうです。さらに路上の櫃に火が燃え移って被害が拡大したため、後に江戸幕府は車輪付きの櫃の製造・販売を禁止したそうです。

家具は実物だけでなく、菊地敏之氏のミニチュア椅子のコレクションも展示されていて、西洋家具の歴史が概観できるようになっています。

1,700点余りの収蔵品は、そのうち約1割を入れ替えながら展示しているので、何度か足を運んでみるのもよいでしょう。

家具の博物館 パンフレット

家具の博物館 パンフレット

アクセス

フランスベッド東京工場

家具の博物館は、最寄駅であるJR中神駅北口から徒歩7分(500m)のところにあるフランスベッド東京工場の敷地内にあります。フランスベッド東京工場の正門を入ると、すぐ前に博物館の入り口があります。

博物館実習

家具の博物館は、学芸員資格取得を目指す博物館実習生の受け入れも行っています。

橋本敏美エッグアート展

2021年5月13日から6月6日の期間中、家具の博物館において「橋本敏美エッグアート展」が開催されます。

橋本敏美エッグアート展について詳しくは、公式サイトでご確認ください。

橋本敏美エッグアート展

コメント