とろり天使のわらびもち拝島駅前店がオープンしました

とろり天使のわらびもちは拝島駅前店グルメ
とろり天使のわらびもちは拝島駅前店

テレビや雑誌で話題の生わらびもち専門店「とろり天使のわらびもち拝島駅前店」が2022年8月19日にオープンしました。

概要

とろり天使のわらびもち拝島駅前店の概要は次のとおりです。

店舗概要
屋号とろり天使のわらびもち拝島駅前店
住所昭島市松原町4-13-21
最寄駅拝島駅
営業時間11:00~19:00 ※無くなり次第終了
公式サイトhttps://www.torori-tenshi-no-warabimochi.com/
Instagram@tenshino_warabimochi_haijima
テイクアウト可(テイクアウト専門)
駐車場なし

メニュー

とろり天使のわらびもち拝島駅前店のメニューは次のとおりです。

メニュー
商品価格
生わらびもち(和三盆・小箱)600円
生わらびもち(十勝あずき・小箱)600円
生わらびもち(和三盆・大箱)1,080円
生わらびもち(十勝あずき・大箱)1,080円
黒蜜+50円
飲むわらびもち(ミルクティー)680円
飲むわらびもち(黒蜜)680円
飲むわらびもち(抹茶)680円
冷凍クリームわらびもち(プレーン×2)1,800円
冷凍クリームわらびもち(ほうじ茶×1)1,800円
冷凍クリームわらびもち(黒ごま×1)1,800円

とろとろ生わらびもち

わらび餅とは、蕨の地下茎から取れる澱粉を乾燥させて粉末状にした「わらび粉」を原料とする、柔らかくて口どけの良い和菓子です。

わらび粉は片栗粉のような粉臭さが無く、味も優れています。10キログラムの蕨の根から取れるわらび粉は、わずか70グラムとされます。

近年、「わらび粉」と称されているものの中には、蕨以外を原料とする澱粉を混ぜたものもありますが、とろり天使のわらびもちでは希少な本わらび粉を使用しています。

とろとろ食感を追求したわらびもちは、高級砂糖「和三盆」と「北海道産の十勝小豆」の2種のフレーバーがあります。

わらびもち

飲むわらびもち

飲むわらびもち

飲むわらびもちは、黒みつ、ミルクティー、抹茶と3種のフレーバーがあります。タピオカミルクティーのわらびもち版といった感じの新感覚ドリンクです。

ミルクティーは甘すぎず、スッキリとした甘さです。黒蜜はドリンクがコーヒーベースになっています。

アクセス

とろり天使のわらびもち拝島駅前店は、拝島駅南口エスタレーターを降りてすぐのところにあります。

オープン記念特別割引

2022年8月19日、20日、21日の3日間限定で、インスタグラムをフォローするか、チラシを持参すると、オープン記念特別割として、商品が10%オフとなります。

コメント