武田信玄が造った? 昭島市拝島町の信玄堤

信玄堤アウトドア
信玄堤

昭島市拝島町五丁目近くの多摩川堤防には、なぜか堤防が途中で途切れて2重になっているところがあります。これは武田信玄が考案したとされる「信玄堤」の名残のようです。

信玄堤とは山梨県甲斐市にある堤防で、洪水が多かった釜無川と御勅使川の合流地点に武田信玄が造りました。これが後に信玄堤と言われるようになった築堤技術で、その斬新な工法は各地に広まりました。

信玄堤は堤防が二重になっていて、完全には閉じていません。そのため、増水時には川の水が堤防の外側へ流れ出ます。もし完全に閉じた堤防を造ってしまうと、増水時の水圧で堤防のどこかが決壊してしまいます。決壊した場所が城下町などの人口密集地であれば、被害が甚大になってしまいます。

信玄堤は人口が少ない場所に造られ、被害を抑える効果があります。また、川の流れと逆流させることで、水流の勢いを抑制する効果もあります。

信玄堤

拝島の信玄堤がいつどのようにして造られたのかは分かっていません。

永禄12年(1569年)、北条氏照が守る滝山城(八王子市)を攻めるために武田信玄が拝島大師に本陣を構えましたので、このときに造られたのかもしれません。

江戸時代の古地図には、この付近に信玄堤が数か所あったようですが、現在残っているのは1か所だけとなってしまいました。

現在の信玄堤は、休日ともなるとランニングやサイクリングを楽しむ大勢の方たちが行き交います。

コメント