龍津寺 「東京の名湧水57選」に選ばれた湧水があるお寺

龍津寺本堂観光
龍津寺本堂

龍津寺(りゅうしんじ)は昭島市拝島町にある曹洞宗のお寺で、天文年間(1532年~1555年)の創建されました。

概要

龍津寺の本堂には天井板絵と杉戸絵があります。天井板絵は竜を中心に花や鳥獣が配置され、天保14年に大岡霊峰によって描かれました。杉戸絵は飲中八仙(中国唐時代の酒豪8人)が描かれています。天井板絵と杉戸絵は昭島市の市指定有形文化財に指定されています。

概要
住所昭島市拝島町5-2-37
最寄駅拝島駅
宗派曹洞宗
龍津寺惣門

龍津寺惣門

龍津寺の湧水

龍津寺の下には、多摩川から引かれた「昭和用水」に加えて、いくつかの湧水が流れ込んでいる小川があります。川沿いには緑が生え、四季折々の自然が感じられる散策路として整備されています。

下の川に流れる龍津寺の湧水は「東京の名湧水57選」に選ばれています。

龍津寺下の川

龍津寺下の川

龍津寺湧水

龍津寺湧水

拝島で最初の学校「知遠学舎」

明治7年(1874年)に拝島村で最初の学校「知遠学舎(ちおんがくしゃ)」が龍津寺内につくられました。

その後、知遠学舎は名前や場所を変えて、現在の拝島第1小学校となりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
観光
昭島ぶろぐをフォローする
昭島ぶろぐ

コメント