龍津寺 「東京の名湧水57選」に選ばれた湧水がある昭島市のお寺

龍津寺本堂観光
龍津寺本堂

龍津寺(りゅうしんじ)は昭島市拝島町にある曹洞宗のお寺です。拝島で最初の学校が建てられました。龍津寺の湧水は「東京の名湧水57選」に選ばれています。

概要

龍津寺惣門

龍津寺惣門

龍津寺(りゅうしんじ)は昭島市拝島町にある曹洞宗のお寺で、天文年間(1532年~1555年)の創建されました。

龍津寺の本堂には天井板絵と杉戸絵があります。天井板絵は竜を中心に花や鳥獣が配置され、天保14年に大岡霊峰によって描かれました。杉戸絵は飲中八仙(中国唐時代の酒豪8人)が描かれています。天井板絵と杉戸絵は昭島市の市指定有形文化財に指定されています。

龍津寺の概要
山号玉應山
宗派曹洞宗
御本尊釈迦如来
創建不詳(天文年間)
住所昭島市拝島町5-2-37
最寄駅拝島駅
バス停拝島郵便局(Aバス)
公式サイトなし
SNSなし

新編武蔵風土記稿

江戸幕府が編纂した「新編武蔵風土記稿」には、龍津寺が次のように記述されています。

小名宿の西の方南側にあり、玉應山と號す。禪宗曹洞派にて、根ヶ布村天寧寺末なり、天正中寺領十石の御朱印を賜へり、境内は則其地の内なり、開山の僧は說翁星訓永祿六年三月二十四日寂す、開基は何人となることを知らず、位牌の面に義徹宗廓居士とのみ

参考文献:「新編武蔵風土記稿 第六巻」(雄山閣)

天寧寺は東京都青梅市根ヶ布(ねかぶ)にあるお寺です。

龍津寺の湧水

龍津寺の下には、多摩川から引かれた「昭和用水」に加えて、いくつかの湧水が流れ込んでいる小川があります。川沿いには緑が生え、四季折々の自然が感じられる散策路として整備されています。

下の川に流れる龍津寺の湧水は「東京の名湧水57選」に選ばれています。

龍津寺下の川

龍津寺下の川

龍津寺湧水

龍津寺湧水

拝島で最初の学校「知遠学舎」

明治7年(1874年)に拝島村で最初の学校「知遠学舎(ちおんがくしゃ)」が龍津寺内につくられました。

その後、知遠学舎は名前や場所を変えて、現在の拝島第1小学校となりました。

アクセス

龍津寺は最寄駅の拝島駅から徒歩22分(1.8km)のところにあります。

昭島市のコミュニティバス「Aバス」を利用するなら、西ルートの「拝島郵便局」または「拝島会館前」が最寄りのバス停です。

昭島市には龍津寺の他に次のお寺があります。

大日堂は拝島という名の由来となった大日如来像ゆかりのお寺
大日堂は昭島市拝島町に鎮座する天台宗のお寺です。 大日堂の概要 大日堂の概要は、次のとおりです。 大日堂の概要 名称 普明寺大日堂 山号 拝島山 本尊 大日如来 宗派 天台宗 ...
拝島大師とだるま市
拝島大師は昭島市拝島町にある天台宗のお寺です。だるま市が1月2日と3日に立ち、大勢の参拝客が訪れます。

コメント