日吉神社と榊祭

日吉神社 観光
日吉神社

日吉神社は滋賀県大津市の日吉大社を分霊して建立された神社で、拝島大師のすぐ隣に鎮座します。その歴史は古く、江戸時代初期に建立されたと言われてます。

日吉神社の概要

日吉神社の概要は、次のとおりです。

創建不明(江戸時代初期)
主祭神大山昨命、羽山戸命、香山戸命
御本社山王総本宮日吉大社(滋賀県大津市)
最寄駅拝島駅
バス停拝島大師(立川バス)
住所昭島市拝島町1-10-19
ウェブサイトhiyoshi-jinja.or.jp
SNSTwitter:@hiyoshi_jinja @hiyoshijinja
Instagram:hiyoshi_jinja

日吉神社の主祭神は大山昨命(おおやまくいのみこと)、羽山戸命(はやまどのみこと)、香山戸命(かがやまどのみこと)で、地鎮祭や農林殖産、安産、芸能などの除災招福の神さまです。

御朱印

御朱印とは、神社へ参拝した証として戴く印です。日吉神社では、時期によっては、通常とはデザインが異なる限定御朱印が戴けます。

日吉神社の限定御朱印
時期限定御朱印
2月節分
3月
3月~4月桜(上記とは別種類)
4月~5月
6月夏越の大祓
10月イチョウとモミジ

御札所が休みのことがあるので、詳しくは日吉神社のTwitterで確認してください。

榊祭

榊祭(さかきまつり)は毎年第3土曜日・日曜日に催される日吉神社のお祭りで、250年の歴史があります。2017年は9月16日・17日に開催されます。

全国でも稀な暁の祭りとして知られ、2日間に渡って夜通し行われます。昭和50年(1975年)に東京都の無形民俗文化財に指定されました。

氏子町内である拝島町を西から順に加美町(かみちょう)、奈賀町(なかちょう)、志茂町(しもちょう)の3町に分けて交代で年番に当たり、その年の祭礼を取り仕切ります。

榊祭

宵宮(本祭の前夜に行われる祭)には、午後7時から屋台の巡行が行われます。

本宮では、高さ5メートル余りの榊を木枠で組み土俵で支えた神輿が深夜0時に日吉神社を出発し、町内をもみ歩きます。明け方に日吉神社に戻り、担ぎ手達が榊を引き倒して、1年を無病息災で過ごせると言われる榊の枝を奪い合います。午後1時から屋台の巡航が行われ、人形の建て上げ、3町の囃子の競演が行われます。

榊祭

榊祭で披露される祭礼囃子は昭和39年(1964年)に昭島市の無形民俗文化財に、屋台は昭和61年(1986年)に昭島市の有形民俗文化財に指定されました。

榊祭りがおこなわれる9月中は、御朱印も榊祭に因んだ期間限定の御朱印になります。御朱印集めをされている方は、この期間中に日吉神社を参拝されることをおすすめします。

榊祭

地図と交通アクセス

日吉神社へ行くには、拝島駅から徒歩24分(1.9km)かかります。

近くに立川バスのバス停「拝島大師」があります。参道入口の前に着くので、近くて分かりやすく、おすすめの交通手段です。

少し離れていますが、昭島市のコミュニティバス「Aバス」の次のバス停も利用できます。

  • 拝島会館前
  • 拝島会館東
  • 神明神社
  • 栗の沢

距離的には栗の沢が近いですが、バスの本数が少ないうえ、交通量の多い国道16号(新奥多摩街道)を渡らなければいけません。参道とは逆の裏手から入ることになり、道順も分かりにくいです。バス停の方角が日吉神社の北東(鬼門)になるので、参拝には縁起が悪いかも。

土地勘が無い場合、この中では一番遠いですが、拝島会館前で降りることをおすすめします。奥多摩街道沿いをまっすぐ東に行けば参道の入口があるので、分かりやすい道順になります。

駐車場はありませんが、参道に車を止めることができます。ただし、正月や榊祭のときは駐車できません。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
観光
昭島ぶろぐをフォローする
昭島ぶろぐ

コメント